• 046-888-0505
  • 居宅介護支援:046-888-3355
  • 〒238-0111
    神奈川県三浦市初声町下宮田5-16
    (三崎高校跡地 ベイシア三浦店2階)
Web
当日受付

気管支喘息asthma

気管支喘息とは

気管支喘息

気管支喘息とは空気の通り道である気管・気管支が、アレルギー・感染・ストレス・タバコ煙などの原因により炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気です。少しの刺激であっても敏感に反応し、喘息発作(呼吸困難発作)を引き起こします。通常、発作が出ている時だけを喘息として認識し、苦しい時にだけ治療をしている患者様が多くいらっしゃいます。基本的にその治療方針は間違いです。安定期であっても喘息は喘息であり、吸入ステロイド等の喘息治療薬を継続することが求められます。

主な症状について

症状としては、呼吸がしにくくなることで「ゼイゼイ」、「ヒューヒュー」などの呼吸音(喘鳴)が出るようになります。時間帯は夜から明け方にかけて起こることが多く、ひどい場合は仰向けに寝ることができず、座った状態でないと呼吸が難しい場合もあります。また咳が出始めるとなかなか止まらず、痰も増えるようになります。ひどい場合は呼吸が止まってしまうこともあります(対応が遅いと喘息死に至ります。)。

治療について

気管支喘息が疑われる場合は、問診、聴診所見、呼吸機能検査、血液検査(アレルギー体質の有無などを調べる)、胸部単純写真(レントゲン検査)、呼気NO検査などを行って診断をつけます。当院ではそれらの検査が可能な施設です。

治療に関しては、吸入ステロイド薬を中心に内服薬等を使用して発作を起こさせないようにコントロールして参ります。吸入ステロイドは喘息治療の基本です。これを上手く使いこなすことで、発作のリスクを極端に下げることができます。また、気管支拡張薬も用います。現在の主流は吸入ステロイドと気管支拡張薬の合剤です。このほかにも、去痰薬、抗アレルギー薬、抗体製剤各種(ゾレア・ファセンラ ・ヌーカラ・デュピクセント)等を使用することがあります。尚、当院は抗体製剤を患者様と相談し積極的に導入して参ります。

当院の喘息治療のモットーは

  • 「喘息だから諦めた、を無くす」
  • 「喘息症状からの解放」
  • 「喘息治療を積極的に行い、患者様の将来の喘息悪化リスクを0に近づける」
Topへ戻る