• 046-888-0505
  • 居宅介護支援:046-888-3355
  • 〒238-0111
    神奈川県三浦市初声町下宮田5-16
    (三崎高校跡地 ベイシア三浦店2階)
Web
当日受付

診療内容treatment

内科

せき、痰、喉の痛み、発熱、腹痛、下痢、吐き気などの急性症状から、高血圧や糖尿病、脂質異常症(高脂血症)などの生活習慣病をはじめとする慢性疾患まで、内科疾患を総合的に診療いたします。

内科について ≫

呼吸器内科

呼吸器内科では、主に呼吸に関係する臓器(簡単に言い換えると空気が通る場所すべて)の病気を内科的に広く診療いたします。

呼吸器内科について ≫

皮膚科

当院では女性皮膚科医が毎週火曜日午前に予約制外来を行います。受診希望の患者様は受付までお声かけください。

皮膚科について ≫

長引く咳

咳が1週間以上続く場合、単なる風邪による咳の他に、気管支炎や肺炎、特殊な菌(マイコプラズマや百日咳など)による感染症などを考える必要があります。
また、咳の症状が3週間以上続いている場合が長引く咳であり、咳が3週間以上続いていて8週間未満であれば遷延性の咳、8週間以上続くのであれば慢性の咳(慢性咳嗽)と診断されます。

長引く咳について ≫

気管支喘息

気管支喘息とは空気の通り道である気管・気管支が、アレルギー・感染・ストレス・タバコ煙などの原因により炎症を起こし、呼吸がしにくくなる病気です。少しの刺激であっても敏感に反応し、喘息発作(呼吸困難発作)を引き起こします。

気管支喘息について ≫

慢性閉塞性肺疾患

タバコが原因で起きる肺の慢性疾患です。COPDを発症する患者さまの多くは、長年の喫煙習慣を背景にした中高年世代の方に多く、喫煙者の15~20%がCOPDを発症していると言われています。日本では約530万人の患者が存在すると推定されていますが、その大部分が風邪などと誤診されて正確に診断にいたっていないのが実情です。

慢性閉塞性肺疾患について ≫

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)は10秒以上の無呼吸(呼吸が止まっている状態)が、一晩に30回以上または1時間に5回以上起こることをいいます。睡眠中の無呼吸により、十分な睡眠が得られないため、熟睡感がなく、日中の眠気が強くなる、集中力が低下するなどの症状がおこります。

睡眠時無呼吸症候群について ≫

スギ花粉外来

スギの花粉がアレルゲン(抗原)となって、目のかゆみ・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻みず、鼻づまり、などの症状を引き起こす症状を花粉症と言います。

スギ花粉外来について ≫

禁煙外来

当院では、喫煙習慣を止めたいと考えている方を対象にした禁煙治療を行っています。治療を行うにあたって、まず医師が患者様にこれまでの喫煙歴をお聞きします。そのうえで治療が必要と判断した場合に禁煙補助薬を処方いたします。

禁煙外来について ≫

生活習慣病

生活習慣病には、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)、高尿酸血症(痛風)などがあります。
いずれも過食や偏食、運動不足、嗜好品(タバコ・お酒など)の摂取過多といった生活習慣の不摂生が主な原因となって起こる慢性疾患であり、生活習慣を見直すことによって予防・改善できる部分の大きいのが特徴です。

生活習慣病について ≫

健康診断

健康診断とは、診察および各種の検査を通じて健康状態を評価することで、健康の保持や、生活習慣病をはじめとする疾病の予防・早期発見に役立てることを目的としています。

当院では、労働安全衛生法に基づく「雇入時の健診」や「定期健診」などの企業健診のほか、適宜「自費健診」も受け付けています。お気軽にご相談ください。

健康診断について ≫

予防接種

当院では、インフルエンザワクチンと肺炎球菌ワクチンの予防接種をそれぞれ行っています。予防接種は、注射によるワクチン接種となります。ちなみにワクチンとは、病原体の毒性を弱めたり無毒化したりしたもので、これを接種することで今まで罹ったことがないという病気についても免疫がつくようになります。

予防接種について ≫

Topへ戻る